Bittre Fitnessblog

現役大学生が健康・スポーツ・趣味について書くブログ

【Part2】筋トレがスポーツに与える悪影響

みなさんこんにちは。bittreです!今年最後のマジメな話でございます。

先日の筋トレがスポーツに与える悪影響Part1 見ていただけたでしょうか。

まだの方はコチラから↓

 

bittre.hatenadiary.com

 Part1では見せ筋、使えない筋肉と体の使い方、誤った運動学習で発揮できるパワーが下がってしまうということについて触れたと思いますが今partでは本質に迫っていきたいと思います。

 

 

筋トレがスポーツに与える悪影響とは?

1.「効かせ癖」

筋トレをある程度続けている方ならわかると思いますが、鍛えている対象の筋により多く刺激を入れるためにいわゆるマインドマッスルコネクションを繋ぐということや対象筋をアイソレートさせるということをすると思います。

筋トレ上級者になってくるといわゆる効かせ方が上手くなり低い重量でも対象の筋に刺激を与えいわゆる「パンプアップ」させることができるようになります。

この「効かせ癖」は筋肥大にとってはとても有効なのですが、

実際のスポーツの競技動作でこのようなことが起こることは好ましくありません。

なぜなら筋肉はパンプアップ、つまり乳酸などの代謝産物が蓄積した状態になると様々な経路で筋活動を阻害しようとします。これはつまり持続的、あるいは同じ運動を何回も繰り返すようなスポーツではパフォーマンスの低下を起こすことを意味します。

 

2.動作様式の違いによる誤った運動学習

スポーツに共通した動作様式として全身の反動を使いながら力をムチのように近位から遠位へと伝搬していくという特徴があります。

対して筋トレはスポーツ動作と違い動作に関与する関節は同時にかつ反動を使わずに動くという特徴があります。(ストリクトなフォームでは)

例えばベンチプレスでは肩関節・肘関節が同時に動きだし、また同時に動作を終えます。

筋トレ上級者になるほどこの関節が同時に動く動作様式に慣れてしまっていざスポーツ動作になると、はたから見ても「あの人上手く体を使えていないなぁ」というフォームになってしまう可能性があるのです。

 

3.筋量増加による体重増加

筋肉は脂肪と違いお荷物ではなくエンジンですから筋量が増えた結果による体重増加はあまり気にすることではありません。しかし高い持久性が要求される運動では一つ一つの競技動作の発揮パワーが少なく、高いパワーを要求されることが少ないため例えばマラソン選手には短距離走者のような太い脚は必要ありません。マラソン選手が短距離走者のような太い脚を持っていてもそれに値するパワー発揮をすることがないためいわゆる「お荷物」になりかねません。

また競技動作にあまり必要のない筋肉を肥大させることも「お荷物」を背負うことになります。私はこんなブログを書くほどには筋トレをしていますが同時にロードバイクにも乗っています。正直言って競技に最適な筋量かと問われれば「まったくそうではない」と答えます笑

 

以上筋トレがスポーツに与える悪影響として3つ挙げさせていただきました。この他にも筋肥大による関節可動域制限等もありますがよほど肥大しない限りは悪影響を及ぼす可能性は低いと思います。

筋トレは筋肥大に関しては群を抜くトレーニングであり上手く導入できれば競技者にとって良いパフォーマンスをだせる要因の一つになり得ますが、こういったことを理解しないと競技者を潰すことにもなりかねません。

このブログを書くにあたって参考にさせていただいた石井直方先生、谷本道哉先生監修の使える筋肉・使えない筋肉 理論編―筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

 にもウェイトトレーニングは両刃の剣であると記されています。

結局筋トレは筋トレに過ぎず、得た筋肉を最大限に生かすためにはスキルトレーニングを行いいわば「神経を」つなげることが必要だと考えます。

 

ハイ!以上bittreの筋トレがスポーツに与える悪影響でした。最後までお読みいただきありがとうございました! 

 

 

bittre.hatenadiary.com

bittre.hatenadiary.com